わしの暇つぶし

暇つぶしにもってこいの面白ブログ

お母さんにオナニーを見られた時の対処法20選

家族にオナニーを見られたらとても恥ずかしいと思います。でももう大丈夫。以下の通りにすれば簡単に乗り切ることができます。

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「こうすると喘息が治るって聞いたんだ」

 

「…。お友達に聞いたの?」

 

「聞いたの」

 

「…。でもあんた喘息持ってないじゃない」

 

「これからなるかもしれないだろ」

 

「そう…」

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「コミュニケーションだよ」

 

「…。自分のソレとお話してるの?」

 

「してるの」

 

「…。なんて言ってるの?」

 

「テリー伊藤が生理的に無理だって」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「寒いから火を起こそうと思って」

 

「…。摩擦で火をつけようとしたの?」

 

「したの」

 

「…。でもそんなことしたら大事なソレが燃えちゃうじゃないの」

 

「スペアがあるからいいんだ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「大会があるんだ」

 

「…。大会って、オナニーの?」

 

「オナニーの」

 

「…。何を競うのよ?飛距離とか?」

 

「腰の角度だよ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「マイナスドライバーが見当たらなかったからさ」

 

「…。ソレをギンギンにして使おうと思ったの?」

 

「思ったの」

 

「…。流石に太すぎるんじゃないの?」

 

「物は試しだよ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「厚切りジェイソンに脅されたんだ」

 

「…。ホワイジャパニーズピーポー!!ナンデオナニーシナインダヨッ!!って言われたの?」

 

「言われたの」

 

「…。『しました』って言ったらなんて言ってた?」

 

「イジョウッ!!って」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「Wi-Fiが出るんだ」

 

「…。射精するとWi-Fiが出るの?」

 

「出るの」

 

「…。お母さんも使っていいかしら?」

 

「パスワード知らないんだ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「暑かったから」

 

「…。表面積を大きくして熱を逃がそうとしたの?」

 

「したの」

 

「…。でもそんなに手を動かしたら結局汗かくじゃない」

 

「大丈夫、クーラーつけてるから」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「3分クッキングで使ってたんだ」

 

「…。精子を大さじ1杯加えてたの?」

 

「加えてたの」

 

「…。流石に汚いんじゃない?」

 

「日本の政治の方がよっぽど汚いよ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「AV男優になりたいんだ」

 

「…。持続時間を伸ばすトレーニングをしてるの?」

 

「してるの」

 

「…。でもあんた宇宙飛行士になりたいって言ってたじゃない」

 

「それは副業だよ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「服を干そうと思って」

 

「…。ギンギンのソレに服を掛けようと思ったの?」

 

「思ったの」

 

「…。そこにハンガーがあるじゃないの」

 

「ハンガーなんかこすったって気持ちよくないじゃないか」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「こっちの方がかっこいいって女の子に言われたんだ」

 

「…。ギンギンの方がかっこいいって褒められたの?」

 

「褒められたの」

 

「…。でもあんた女の子の友達なんていないじゃない」

 

「男の子の友達もいないよ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「部屋が乾燥してたから」

 

「…。精子の水分で湿度を上げようとしたの?」

 

「したの」

 

「…。でもそんなちょっとじゃ意味ないんじゃない?」

 

「部屋を小さくすればいいんだよ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「丸腰じゃ不安だなと思って」

 

「…。ソレをナイフみたいに使おうと思ったの?」

 

「思ったの」

 

「…。いくら固くても本物のナイフには切られちゃうんじゃない?」

 

「そうだよ、切られたら本気を出すんだ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「手が痒かったんだ」

 

「…。ソレにこすりつけて痒みを取ろうとしたの?」

 

「したの」

 

「…。そんなの逆の手で掻いたらいいじゃないの」

 

「それじゃあ逆の手が可哀想だよ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「花火が見たくなったんだ」

 

「…。精子を打ち上げようとしたの?」

 

「したの」

 

「…。でも精子は打ち上げても綺麗じゃないじゃない」

 

「花火もそんなに綺麗じゃないよ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「ちょっと大きくなったかなと思って」

 

「…。MAXの長さを測ろうと思ったの?」

 

「思ったの」

 

「…。伸びてた?」

 

「ちょっとだけ。1mぐらい」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「直角を測りたくて」

 

「…。体とソレで直角を作ろうとしたの?」

 

「したの」

 

「…。でも正確に90度なんて難しいじゃない」

 

「大丈夫、三角定規があるから」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「猫の手も借りたいんだ」

 

「…。ソレに協力してもらおうとしたの?」

 

「したの」

 

「…。でもソレには知能がないじゃない」

 

「うん、でも僕よりはあるよ」

 

「そう…」

 

 

 

ガチャ

 

「!?」

 

「あ、お母さん」

 

「ちょっとあんた!何やってんの!?」

 

「6時に起こしてって言われたんだ」

 

「…。それで一生懸命起こしてたの?」

 

「起こしてたの」

 

「…。じゃあ今起きたところなのね。おはよう!」

 

「日本語はわからないんだ」

 

「そう…」