わしの暇つぶし

暇つぶしにもってこいの面白ブログです。

最新!浅草デートスポット3選

こんにちは。

浅草デートって落ち着いた雰囲気でとてもいいですよね。今回はデートで浅草に行ったら外せない最新デートスポットを3つ紹介します。

 

浅草寺

f:id:ynh90504:20180416123641j:image

浅草といえば浅草寺。最初に行かないとやんわり祟られるので最初に行きましょう。雷門さえ見たらあとは何もないので帰ったほうがいいでしょう。余力のあるカップルは雷門をくぐって中に入ってもみてもいいと思います。中はどうなっているのでしょうか。僕は入ったことがないので誰か教えてください。かつて、浅草寺の人たちが、出来心で千本の雷門を縦に並べたところ、京都の伏見稲荷大社に一瞬で訴えられてしまったことがあるそうです。

 

花屋敷

f:id:ynh90504:20180416123658j:image

全ての施設とアトラクションが花でできているロマンチックなテーマパーク。どう考えても違法建築なので、国から毎日のように通達が来ていますが、大量のスギ花粉を送り返すことやり過ごしているそうです。花が枯れてしまう秋から冬にかけての来場者数減少が課題でしたが、品種改良によって冬に咲く有毒植物が開発され、来場者数及び死者数の大幅増加に成功しました。入園料は大人800円、小人400円、成虫1000円、幼虫500円となっています。

 

東京スカイツリー

f:id:ynh90504:20180416123716j:image

世界一高い電波塔として名高いスカイツリー。完成当初の高さは634m。634という数字は、かつて東京を植民地にしていたとされる「武蔵国(むさしのくに)」から、ムサシ、コジロウ、ニャースの頭文字をとった語呂合わせです。634というあまりにも大きな数字は世界を大いに驚かせました。その後、住民のこまめな水遣りもあってか狂ったように成長し、現在ではアンテナ部分が成層圏に突き刺さって電波塔としての役割を果たせなくなりました。ただ成層圏からの眺めを楽しめるとあって人気は根強く、昨年のミシュランガイドでは世界初となる五十七つ星を獲得しました。成長の過程でエレベーターがねじ切れたので、展望台に登る際は階段を利用してくださいとのことです。

 

以上です。参考にしていただけると嬉しいです。