わしの暇つぶし

暇つぶしにもってこいの面白ブログです。

箱の中身は何だろな(上級)

 

こんにちは。

今回はおなじみ「箱の中身は何だろな」の上級編にチャレンジしていただきます。それではご登場いただきましょう、千鳥のお二人です。

 

ノブ・大悟「ど〜も〜!千鳥です〜!」

 

ノブ「今度は何なん?」

 

「箱の中身は何だろなをやります。」

 

ノブ「おお大鉄板じゃ!やらんでええそんなん!」

 

大悟「ビビっとんか?」

 

ノブ「いや正直マジで無理なんよぉ!」

 

大悟「……」

 

大悟「一回ニコチン入れていいか?」

 

ノブ「いいわけないやろ!始まったばっかやぞ!」

 

大悟「ええやん」

 

ノブ「ようないわ!お前酒飲んどんか?」

 

大悟「ロケやのに飲んどるわけないやろ!」

 

ノブ「ニコチンもだめやろ!!」

 

大悟「フフッ」

 

大悟「いやいや、酒だけは飲むわけないやろが!」

 

ノブ「飲んどるやろ!」

 

大悟「臭うてみ」

 

大悟「はぁ〜」

 

ノブ「いやシンプルに口が臭いっ!!」

 

大悟「胃が腐っとんじゃ!!」

 

「決まりましたね。」

 

ノブ「言わんでええねんそんなこと」

 

「じゃあノブさん、やりましょうか」

 

ノブ「俺だけ!?」

 

「ええ。」

 

ノブ「え、大悟は!?」

 

「僕と別室でモニタリングです。」

 

ノブ「別室いらんやろ!ドッキリやないんやから!」

 

「大悟さん、行きましょ!♡」

 

大悟「行こ行こ!♡」

 

ノブ「何やそれぇ!」

 

ノブ「おい待てぇ!」

 

ノブ「手ぇ繋いでスキップすなぁ!」

 

ノブ「何やあのテンション…」

 

ノブ「……」

 

ノブ「石油掘り当てバカップルやん」

 

ガラガラガラガラ

 

ノブ「おいおい!ドデカい箱がこっちに来とるがな…!」

 

ノブ「マジで苦手なんよこれぇ…」

 

ノブ「これ間違えたらどうなるんすか?」

 

スタッフ「死にます」

 

ノブ「シンプル死っ!!」

 

ノブ「間違えたら死ぬってどういうお笑いしてるん!?」

 

ノブ「え、ちょっと、どうやって死ぬんすか?」

 

スタッフ「衰弱死です」

 

ノブ「地味死っ!!何もおもろないっ!!」

 

カンペ「罰ゲームに時間かかるのでここ巻きでお願いします」

 

ノブ「衰弱死の尺はどう巻いても取れんっ!感電死とかにしとけよ!」

 

大悟「感電死とかにしとけよってどういうツッコミやねん笑」

 

「笑笑」

 

 

第1問   エリマキトカゲの絵

 

大悟「絵!?笑」

 

「絵です笑笑」

 

ノブ「これ、もう手入れるんすか?」

 

スタッフ「どうぞ」

 

ノブ「もうやりたない…」

 

ノブ「……」

 

ノブ「じゃあ行きますよ…」

 

スッ

 

ノブ「怖いんじゃ…怖いんじゃ…」

 

ノブ「……」

 

ノブ「上の方は何も無い…ですね…」

 

ノブ「もう少し下…行きます…」

 

ノブ「……」

 

ノブ「うおわ!!なんか触ったどっ!!なんか触ったどっ!!!」

 

ノブ「…怖い…!」

 

ノブ「もう一回…行きます…」

 

ノブ「……」

 

ノブ「うわぁ!……ん…平らやな……生物では無いですね…」

 

ノブ「全く動かんなぁ……平たいだけやし…」

 

ノブ「これなにぃ!?笑……これなにぃ!?笑」

 

ノブ「……全くわかりません」

 

カンペ「箱の前に回って答えを確かめてください」

 

スタスタスタ

 

ノブ「…うわっ…え!?」

 

ノブ「……絵やん…!」

 

スタッフ「正解はエリマキトカゲの絵です」

 

ノブ「分かるかぁ!!!」

 

ノブ「絵は一番ダメじゃぁ!!箱の中身は何だろなで中身絵は一番ダメじゃぁ!!」

 

スタッフ「次行きます」

 

ノブ「早えなぁ!!」

 

 

第2問   毒ヘビ

 

大悟「いや…流石にそれはあかんやろ…笑」

 

ノブ「まだあるんすか…!?」

 

ノブ「もうええて…!」

 

ノブ「ああ怖いんじゃ怖いんじゃぁ!」

 

スッ

 

ノブ「……」

 

ノブ「…………」

 

毒ヘビ「シャァッ!!」

 

ノブ「おいおいおいおい!!何ですか今の音!?」

 

ノブ「…怖いなぁもぉ…!…」

 

スタッフ「ノブさん、早くしてください」

 

ノブ「うるせえなぁ!!もっと労ってくれぇ!!」

 

ノブ「……」

 

ノブ「行きます…!」

 

ノブ「……怖い怖い怖い怖い…!」

 

ノブ「………」

 

毒ヘビ「ガブッ!」

 

ノブ「ああ!ああ!!ああ!!!ああ!!!!」

 

ノブ「噛まれたどっ!!しっかり噛まれたどっ!!」

 

ノブ「蛇やろ!!蛇!!怖っ!!蛇やろ!」

 

スタッフ「惜しいです」

 

ノブ「ハブかぁ!?ハブなんかぁ!?」

 

スタッフ「いや、蛇なんですけど…その…」

 

ノブ「蛇なんだけど何や!」

 

スタッフ「毒ヘビです」

 

ノブ「バカなんかぁ!!?」

 

ノブ「おいおい死んだぞ!わしゃぁ死んだぞ!!」

 

ブスッ

 

ノブ「痛ぁっ!!針!針が刺さったどぉ!!毒針か!?毒針やろ!!」

 

スタッフ「解毒剤が入った注射です。よかったですねノブさん」

 

ノブ「よかったですねじゃねえんじゃ!!え…?なにぃ?これなにぃ!?スタッフにバカがまぎれとんかぁ!?」

 

ノブ「僕じゃなかったらほんまにキレてましたよ!?」

 

大悟「いやお前もキレろっ!!笑笑。なぜこれでキレずに済むっ!!笑笑」

 

「ニヤニヤ」

 

ノブ「うわ怖っ…。マジで殺す気やん…!」

 

スタッフ「じゃあ次行きましょう」

 

ノブ「行けるかぁ!!何なんその切り替え?」

 

ノブ「アスリートやん」

 

 

第3問   ぬ

 

ノブ「もう帰りたいんじゃ……」

 

ノブ「…わしゃ死ぬんかぁ…!」

 

ノブ「……もう知らん…!」

 

スッ

 

ノブ「…怖い怖い怖い怖い!…」

 

ノブ「………」

 

ノブ「…うわぁぁぁぁぁっ!……ん…固い…!……冷たくもある…!…生き物じゃねえな!?もう生き物じゃねえな!?……」 

 

ノブ「よしよしよしよし…!」

 

ノブ「…カクカクしてますね…」

 

ノブ「……うわ…!…グネングネンしてる…おお、おおおお、…かなり長いですね……」

 

ノブ「………」

 

ノブ「これなにぃ…?」

 

ノブ「……全くわかりません…」

 

カンペ「答えを確認してください」

 

スタスタスタ

 

ノブ「…え…これなにぃ…?」

 

ノブ「……」

 

ノブ「………」

 

ノブ「"ぬ"やん…!!」

 

大悟「"ぬ"やん…!クックックック笑」

 

「ニヤニヤ」

 

ノブ「え…"ぬ"やん…!」

 

スタッフ「"ぬ"です」

 

ノブ「いや"ぬ"ですじゃないんすよ…!」

 

ノブ「え…?これなにぃ…?」

 

ノブ「"ぬ"の何なんこれは…?」

 

スタッフ「"ぬ"の本体です」

 

ノブ「"ぬ"の本体を箱の中に入れるなぁ!!」

 

ノブ「いま日本中が"ぬ"を探しとるっ!!」

 

スタッフ「早く次、行きましょう」

 

ノブ「さっきから何でそんなに巻こうとするん!?」

 

ノブ「代表戦でもやるんすか!?」

 

 

最終問題   スリムクラブ内間

 

大悟「クックックック!!笑。あいつ絶対わしや思てますよ笑」 

 

「ニヤニヤ」

 

ノブ「ついに最終問題ですよぉ…!」

 

ノブ(大悟やろ…!最終問題は人が入ると決まっとんじゃ…!大悟はモニタリングのためではなくこの問題のために別室に連れて行かれた…!この問題、答えは大悟や…!!)

 

ノブ「あ〜怖い!怖いんじゃぁ!♪」

 

スッ

 

ノブ「……」

 

ノブ(予想通りの坊主頭やん…!!頭頂部が若干尖ってる感じするけど気のせいやろ…)

 

ノブ「うわぁっ!!…ん?…髪の毛…?……おお…!…坊主頭ですね、多分…!人が入ってますよ…!♪」

 

ノブ(少し考えるフリした後、ドヤ顔で「大悟!!」や!!!今に見てろよスタッフ…!!)

 

ノブ「……えーっと…これは……えー……」

 

ノブ「…………」

 

ノブ「はっ!!…」

 

ノブ「分かりました…!!!」 

 

スタッフ「それでは答えをどうぞ」

 

ノブ「箱の中身は……」

 

ノブ「……」

 

ノブ「大悟!!!」

 

ブブーッ

 

ノブ「…え……!?違うん……!?」

 

ノブ「…フフフフフッ…笑。…一番恥ずいわ!!ドヤ顔で相方からのブーは一番恥ずいっ!!」

 

ノブ「え…?誰なん…?」

 

スタスタスタ

 

ノブ「フフッ…笑笑」

 

ノブ「当たるかぁ!!」

 

ノブ「人選が汚いどぉっ!!ガチで間違えさせに来てますやん!!」

 

ノブ「内間さんも何してんすか…!!」

 

ノブ「ちょっと立ってもらっていいですか…?」

 

スッ

 

ノブ「ハッハッハッハッ…笑。似とるなぁ…!笑。ガチで似とるなぁ…!笑笑」

 

ノブ「きれーーいに洗った大悟やん」

 

ノブ「ハッハッハッハッ笑。優しーい大悟やん笑笑。ドラえもんの映画でも観てきやろ!笑笑」

 

大悟「内間さんめちゃくちゃハマっとんのぅ…笑」

 

「ニヤニヤ」

 

スタッフ「ノブさん、ありがとうございました。また来てください。」

 

ノブ「何でそのセリフが出てくるん!?」

 

ノブ「この仕打ちの後で『また来てください』て人の心がないんか!?」

 

カメラがノブに寄る

 

ノブ「お前の中身が一番見たいわ!!」

 

 

 

 

 

スタッフ「見ますか?」

 

ノブ「いやいやいや!いらんのよそういうの…!寄りで一言ドーンで終わりやから…!」

 

スタッフ「見ますか?」

 

ノブ「いや見ますかじゃなくて…………え!?え!?縦にパックリ割れ目入ってますよ!?」

 

ノブ「え!?大丈夫なん!?え!?え!?うわっ!?開くどぉ!開くどぉ!!」

 

パカーッ

 

 

ノブ「大悟…!?」

 

ノブ「え…!?」

 

ノブ「大悟やんっ…!!」

 

大悟「………」

 

大悟「ノブ……今日はほんまに」ノブ「口臭えなぁ!」